世代を超えた記録、知識、記憶の保存: NEA/RWMC 国際プロジェクト

放射性廃棄物処分場の操業及び操業終了後の存続期間にわたって行われる長期かつ複雑な意思決定プロセスを支援するためには、世代を超えた記録、知識、記憶(RK&M)の保存が必要とされます。これは、未曾有の時間枠において混じり合う技術、科学、社会、文化に関する情報を管理する課題として認識されます。

RK&M が廃棄物処分計画の開始時期から積極的に管理されるべきであることについては、経験からも明らか です。現在、数ヶ国において廃棄物処分計画が実施段階に近づきつつあります。NEA の放射性廃棄物管理 委員会(RWMC)では世代を超える(RK&M)の保存に重点を置いた国際プロジェクトを立ち上げました。ここで は本件の必要性と直面する課題に関し、理解の現状を集約しています。集約にあたっては、この分野にお ける各国の計画を前進させるために協力しようとする、RWMC メンバー組織の意志が強調されています。